Fc2blog Trag192ブログテンプレート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験と実務との違い

こんばんは。朝7:30より営業の奈良県橿原市の森田光弘行政書士事務所

行政書士の森田光弘です。



本日は日曜日でしたが、相続手続き依頼のお客様がお見えになり

相談をさせていただいておりました。

早急に証明書を集め、相続関係説明図・遺産分割協議書を作成し

司法書士の先生に依頼できるよう、全力を尽くします。



さて、民事関係の業務をしている際いつも感じるのは

試験と実務は全く別物ということです。



行政書士試験では、民法の問題も多く出題されます。最近では、

事例問題も多く出題され、てこずる問題が結構あります。



相続の実務においても、民法の知識は当然使います。

しかし、注意しなければならないのは、答えを出す相手が全く違うということです。



試験の場合は、出題された専門家の先生に対して、知識が知っていることを

アピールすればOKです。専門家に対しての回答ですので、日常会話に置き換える

必要もありません。また、理解できていなくても用語・条文・判例を丸暗記していれば

正答が得られるかもしれません。



しかし、実務となると事情がかなり異なります。まず依頼者の方は、法律の知識を

知らない方が多いですので、日常会話で使う言葉に置き換えて説明しなければなりません。

また、行政書士が民事関係のお仕事をするスタイルとしては、お客様の案件の

事実関係を証明し、証明した者を条文や判例にあてはめる作業ですので、

条文や判例についても理解しておく必要があります。丸暗記ではどうにもなりません。

また、民事の場合は、依頼者が仮に利益になったとしても、別の方が不利益となることが

ありますので、利害関係も十分に注意する必要があります。

行政書士は一方の利害を代理することはできません。また、条文や判例にお客様のために

なるように解釈を加えることはできません。(弁護士法違反になります。)

よって、事実関係が確定しているものを、正確な知識で、公正に処理する必要があるのです。



試験で受かったので、法律を知っていると考えてしまうのは、非常に危険なのです。

私の周囲でも、そのように考えてしまい、信頼を失っておられる方もいらっしゃいます。

法律に対しては、真白な素直な心・考えで接する必要があると考えています。


お問い合わせはこちら
森田光弘行政書士事務所
〒634-0063
奈良県橿原市久米町716番地の2
電話:0744-24-3039
FAX:0744-24-3039
携帯:090-3289-2768
メール:mimorita-gyousei0047@ab.auone-net.jp (メールでお問い合わせの際は、上記アドレスをクリック願います。)

弊事務所関係HP
「奈良県橿原市の代書屋の雑記帳(奈良県橿原市の森田光弘行政書士事務所)」
http://ameblo.jp/lm213144/
奈良県橿原市の代書屋 森田光弘行政書士事務所(公式HP)
http://www.justmystage.com/home/daisyoya/
奈良県橿原市の森田光弘行政書士事務所(マチコム)
http://www.lococom.jp/mt/mimorita0047/
奈良県橿原市の森田光弘行政書士事務所(ブログ)
http://mimorita4841.blog32.fc2.com/
神宮前車庫証明サポートセンター(HP)
http://daisyoya383.web.fc2.com/
神宮前車庫証明サポートセンター(ブログ)
http://mimorita0583.blog95.fc2.com/

作成中専門HP
神宮前建設業許可申請サポートセンター(HP)
http://daisyoya151.ikidane.com/
※現在公式HP作成中でご迷惑をおかけしております。他専門HPも作成中です。よろしくお願いいたします。

行政書士実務におすすめの書籍
http://ss21001.seesaa.net/

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
おすすめ書籍
プロフィール

代書屋 森田光弘

Author:代書屋 森田光弘
奈良県橿原市の代書屋 森田光弘行政書士事務所です。安心できるくらしの実現のため、行政手続きや市民生活における手続きのお手伝いをさせていただいております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
天気予報
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。